2012年07月31日

ヒラメ 12シーズン@〜D 前半戦

オーシャントラウトに続き、今季のヒラメ狙い前半戦の振り返り雪

石狩や小樽へもイカ狙いで足を運ぶことも数回車(セダン)
残念ながら爆釣とはいかず・・・

マイカ.jpg



人気ブログランキングへ





@5月26〜27日

道央ヒラメのメッカである港から今シーズンもスタート!
ジグ・ワームで狙ってみるが自分、I氏ともにソイと戯れるだけに終わる。

ソイでした。.jpg


翌朝は新規開拓にて30分弱の磯歩き

思っていたよりも、根がかりが激しく大苦戦どんっ(衝撃)
T ボ I 辛うじてアブ1匹釣れる

アブでした。.jpg


A 6月16〜17日

この頃より、今まで実践してこなかった過酷なオールナイト釣行を試みるexclamation×2
16日の晩より港で狙うも ボあせあせ(飛び散る汗)
17日未明より、またまた新規開拓の磯へこれまた30分弱かけて入釣パンチ

@の磯に比べ砂地も多く、気をつければ楽しめる磯だということが後にわかるも、暗いうちはT・I共に根がかりに苦戦もうやだ〜(悲しい顔)二人合わせてジグを10個近くを奉納するもうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)

ファーストフィッシュカメラ

ガヤでした。.jpg


自己記録更新ソイカメラ

自己記録更新 クロソイ.jpg


マゾイカメラ

マゾイでした。.jpg


I氏 カジカカメラ

カジカでした。.jpg


アブは多数釣れ面倒なため、写真とってあげなかった。。。

そこそこ楽しめる釣りではあったが、本命のヒー様は2連続ボに終わる。

B 7月1日

再度Aの磯へ入釣!

前回の大量ロストに懲り、暗い間はワーム勝負!

I氏 記録更新ソイカメラ

I氏 自己記録更新ソイ.jpg


明るくなりかけてきた頃より、風が強くなってきてしまい大変やりづらいため移動することに決め、今季初のサーフ勝負へ車(セダン)

約4時間頑張ってみて、ソゲ1匹に終わるカメラ

2012 初ソゲ.jpg


I氏においては終盤、体力の限界を迎えまさかのサーフ寝眠い(睡眠)

C7月14〜16日 

奥さんよりヒラメ合宿の許可がおりるもうやだ〜(悲しい顔)
過去にもそこそこ良い思いをした磯へ今季初入釣exclamation
合宿に備え、これまであまり使用頻度の高くなかったダウンショットリグをI氏の勧めもあり事前に作ったり、備品を買い替え準備も決定

暗いうちは、せっかく作ったのだからとDSを使用するも、いまひとつアクションの付け方がわからず早々にジグに切り替える。

マズメライフジャケット5年ほど使用したので買い替えました雪

マズメ ベスト・グローブ買い替えました。.jpg


近頃使用するアングラーが増えてきたように思う、グリップも購入雪
有名メーカーの物にはとても手が出ず・・・980円也ふらふら

夜が明け始めると同時に、活性UPグッド(上向き矢印)
バス釣りでDSにおいての経験値がTより上のI氏は粘り強く使い続け結果を出すあせあせ(飛び散る汗)

ネイビーはI氏が着用することにカメラ

I氏 今季初ヒラメ.jpg


それから15分ほどして、自分にもカメラ

ジグで釣れた.jpg


その後さらにI氏が1枚追加し午前の部終了となる。

PMより、当ブログを開始して初となる太平洋サーフへ移動車(RV)

ヒラメは釣れなかったが、マツカワがジグにて釣れるカメラ

十数年ぶり太平洋で初マツカワ.jpg


翌日未明より、再度釣れた磯へ三日月

DSを使うも反応なく我慢できずジグに交換

I氏ジグ全く使用せずDSに固執

結果カメラ

琵琶湖バサーのDSテクニック恐るべし.jpg


二日目はI氏に完敗.jpg


ツーショット.jpg


2日目はT完敗に終わる。

I氏の釣果により、これまで磯に入った際はロングレンジ狙いに徹していたが、近場にも寄ってきていることもわかり、DSの有効性を如実に思い知らされる結果となる。

D7月21〜22日

2週連続で同じ磯へ挑戦!

やはり暗いうちは反応薄く、一度だけDSにてバイトあったがかけることできず残念無念バッド(下向き矢印)歯形もくっきりとつく。その後しびれを切らしジグに切り替えせめていると、バイトが発生しフッキングと同時にドラグが出る。すぐに重量級であると判断できたが・・・またしてもバラしてしまうもうやだ〜(悲しい顔)

I氏はこの日もDSにて粘っていると、マズメ突入と同時に手のひらソゲを釣るちっ(怒った顔)その後2連続バラしで終了となる。最後のバラシにおいては、モアザン ブルーバッカーがパッド部より孤を描くような大物で、普段クールなI氏も「デカイ デカイ」と発声するほどであった。

どちらも魚体を確認できなかったが、ヒラメだったら間違いなく小座布団級以上であったと思たり、思わなかったり・・・もうやだ〜(悲しい顔)ふらふらもうやだ〜(悲しい顔)

その後Pボにて、ソゲ1枚

サイズがいまいち・・・.jpg


撤収を考え始めた頃、約5分に及ぶビッグファイトexclamation×2

かかった直後はきつめのドラグも随分と作動し、下巻き近くまで出される。

ファイトは非常にスリリングで面白かったが、ヒー様、まさかの青物だったらいいな程度で期待をせずに巻き巻き雪

やっぱりだったふらふらカメラ

メーターオーバー シャーク.jpg


サメはこれまで何度か釣ったことがあるが、口にかかったことがなくどれも腹ビレ近くにスレがかり。口が下向きについていることから、捕食が下手なのか?尻尾で叩こうとして引っ掛かるのか?

しばらく満足のいくサイズが釣れていないこともあり、夏休みなしで継続するか秋ヒラメまで待つべきかを考え中雪



人気ブログランキングへ









posted by to-to at 18:43| Comment(0) | ヒラメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。