2008年03月23日

19日 寿都漁港 丸呑みしてた。

19、20で前回と同じパターンの釣りに行ってきた。

仕事を終え準備を整え出発進行!目指すは前回良い思いをした寿都漁港本命は海サクラなのだが・・・釣れないことを見越してのボウズ回避の保険釣行である。22時30分過ぎ現地着!前回と同じく誰もいない。風が強く時節カモメの群れが鳴きながら飛びまわったりして不気味な雰囲気・・・
そんな中今季2回目の漁港ロックを開始前回使用したジグヘッドがそのままになっていたこともあり、そのまま使うのだが強風で底を取りにくい。いったん向かい風を受ける外海攻めを諦め内海側のテトラ周りをスイミングで攻めると程なくして1匹目がヒットするやはり、釣れる釣りは楽しい・・・




内海側でしばし竿を振る。爆釣とまではいかないまでもコンスタントにヒットするのだが、サイズが似たり寄ったり。ということで、前回30UPも上った外海側を再び攻める出発前に作っておいたダウンショットリグに付け替え、重りも5号で底を取りやすくと考えたのだが魚をかける前に痛恨の根掛かりロストヒラメシーズン開幕に備え、未だに釣ったことのないダウンショットの感覚を掴んでおきたかったのだが・・・予備も無く、強風の中作るのも面倒なので再びジグヘッドに戻す。
重さを変えたりして底の感覚が掴めてくると同時に釣果も上向いてきた。何匹か釣れた後、今までとは異なる持久力のある力強い引きがきたファイヤー1.5号直結で切れないか心配だったが一気に抜きあげ堤防に横たわるソイを見ると、前回と同様にベイトを吐きかけている。

ちょっとホラー入ってるソイ



撮影している間に暴れて自然にでてきた。
息絶えてはいたが、食われて間もないのか殆ど無傷
仔カジカかな



サイズは前回を少し上回る32pあった。
久しぶりに食べてみようかとも考えたが、サクラが釣れるかもしれないからと思いリリース・・・
23時半を過ぎた頃より、それまで雲に隠れていた月が顔を出す。かなり周囲が明るくなったように感じられたそのことが直接の原因になっているかは不明だが、それからはパッタリと反応が無くなってしまう。狙いは本命であれば、ワームチェンジやリグの変更で粘ったのだろうがハードスケジュールなこともあり、翌日に疲れを残さないためにもと0時前に終了となった

人気ブログランキングへ


posted by to-to at 20:25| Comment(6) | TrackBack(0) | ソイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月09日

8日A 寿都漁港 今季初のロックフィッシング

湯別の湯を後にし、寿都漁港へ

工事中だったみたいだが、特に問題なさそうだったので今季初の夜釣り・ロックフィッシングを風呂上りに決行今までに何度か来たことのある寿都漁港ではあるが、いつも風が強く釣りをしにくいイメージがあったがこの時は珍しく殆ど気にならない
ファーストキャストからほどなくして今年第一号となるソイが釣れる。その後はもう爆釣状態でMOBLOGでも記した通り投げるたびに食いついてくる!



外海側の方が反応は良く、型も良かった。

今のところ今季最大魚のソイ



あまり気持ちの良い画像ではないが・・・

針を外そうとしたら何か嘔吐しかけたソイ。イカでも捕食してたかな



0時前に寿都漁港を後にし、シェルプラザを目指す2日連続で寿都も考えたが、今季初のSK海岸釣行にしようと考えていた・・・
しかし、起床後SKに到着してみると波・風強く釣りになりそうになかった。寿都までUターンも考えたが、神恵内から古平を抜け古平川河口、余市川を覗いて帰宅となった。

次回こそは、海アメかサクラ釣るぞ



雪捨て場」になっていた古平川河口

人気ブログランキングへ


posted by to-to at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ソイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月06日

3〜4日 寿都〜小樽 たぶん、今シーズン最後のヒラメ狙い釣行2

今シーズンは港→サーフという釣行パターンが多かったのだが、今回はいつもと逆パターンでサーフ→港でヒラメを締めくくることにした。寿都から札幌へ戻る道のりで岩内港を目指す!
岩内に到着すると、見覚えのある車を見つけ一人のアングラーさんに声をかける。9月末の釣行でお会いし、後にサラリーマンZさんから名前を教えて頂いていた、ひらきんさんであった!(^^)!
話を伺うと、ソイの活性が高いとのことで隣で竿を出させてもらう。風が強く条件はあまり良いとは言えなかった(+_+)竿をAR−Cから柔らかめのラテオに交換し、サーフに引き続きハードルアーで攻めてみる!ここしばらくは、ソイもまともに釣れず難関魚種になっていたが、今回ひらきんさんのおっしゃる通り活性が高く1投目からヒットする

ヒットルアーはレンジバイブ




久しぶりにボウズを免れ満足(^^)



しかし、釣れたのは3匹だけ・・・(^^ゞ

活性は高く序盤は頻繁にアタリがあったのだが、なかなかヒットにまで持ち込むことができなかった。



今回はどれも腹側のフックにヒットした。
未計測ではあるが、今回の最大魚は30前後あった。



序盤は頻繁にあったアタリも22時位になると、さきほどまでのことが何だったのか?と思うほど反応が無くなり0時頃終了する。
ひらきんさんにお礼を言って別れを告げ、岩内を後にし翌日塩谷海岸を攻めてみたがコンディションもあまりよくないため、30分ほどで切り上げ今季のヒラメ狙い釣行は終了となった。

人気ブログランキングへ


posted by to-to at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ソイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

12日 留萌 雄冬 情けない入魂

積丹から帰宅しBLOGの更新をした後ベッドに入るも暑さで目を覚ます。

(12日、札幌は34℃を記録したそうな)

扇風機を回し暑さを凌ぐが効果も薄く、眠りにもつけなさそうなのでTVゲームをしたりとしばしの間グダグダ過ごす。(最近ウィニングイレブンの新作にハマってるんです)

ゲームにも飽き一思案(-_-;)

昨夜ロックフィッシュングでメインに使用していた竿が折れてしまい後継ぎの竿を何にしようか?

思い切って、以前よりやってみたいと考えていたベイトタックルをロック専用に揃える良い機械かとも思ったが・・・一度にロッドとリールをともなると予算が厳しい・・・(>_<)

やはり、今回もスピニング(^^ゞと種類の選定はスムーズに結論に至る。

ネットで色々と下調べをしてからの方が良いかとも考えたが、店で実際に見てみようとの思いが先行し買い物へ!

店をはしごし色々見て、ロックフィッシュ専用ロッドには結構いい値が付いていることを思い知らされる(;一_一)

そんなこんなで予想外の出費になってしまうと思いつつ、候補を3本に絞る
(細かい型番は気にしなかった)

ロックスイーパー〜〜〜

ロックフィッシュボトム〜〜〜

ゲームARC

自分が使用するシチュエーションを想像し、調子、価格等を踏まえ長考した結果ゲームARC S606Lを購入することにした。

購入したとあれば、早く使いたいと思うのは誰もが思う共通の思いではないでしょうか?

昨夜の釣行の疲れも抜けきらず、貧果に終わり夏枯れ?も重々承知のうえで二夜連続の遠征を決意!(^^)!

再び積丹にするかとも考えたが、北上することに決めそのまま留萌へ向け出発!!!

画像は道中の茨戸川









ホームの東区からを起点とすると約130キロの道のり。

島牧ほどではないものの結構な長距離ドライブ((+_+))途中、石狩、厚田で墓参り渋滞にはまってしまい3時間以上かかってしまう((+_+))

到着時にちょうど夕マズメを迎え、気合いをいれてニューロッドを振る!

狙いをヒラメに絞り、大きめのワームにAXヘッドで攻めるが・・・



ゲームARCは全くピクリともしない(T_T)




防波堤先端部へと歩みを進めながら、テトラ周辺部をネチネチと執拗に攻めてもみるが、ソイさえも顔を見せてくれず根掛かりが頻発(>_<)

先端部に到着し、テトラ越しに外海へのキャストを試みてみるといくらかの反応はあるが、ワームが大きいせいかのせられない(;一_一)ARCの硬さものらない要因の一つか・・・?
夕闇の到来とともにテトラ部からは撤退。まだまだ外海を攻めてみたかったのだが、足場が悪く高さもあるためおっかない(-_-;)

内海側は最初から最後まで全く無反応・・・

当初は朝までのロングランを!と思っていたのだが1匹も釣れない状況に挫けてしまい留萌釣行は終了となった(T_T)

いったい何をしに留萌まで足を伸ばしてしまったのか・・・

ただ、ただ無念としか言いようがありません(T_T)



札幌へ帰る途中、雄冬漁港へ寄り道し竿を振る

昨夜に引き続き小ゾイが1匹釣れました(^^)/

ゲームARC S606L 入魂完了(T_T)

人気blogランキングへ


posted by to-to at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ソイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月12日

11〜12日 積丹方面 今期2本目!?

約1ヶ月ぶりの釣りになった。夏枯れの予想される日本海を避け、太平洋側へ数年振りの遠征を!!とも少し考えてみたのだが・・・
いつも通りのことながら、通いなれた日本海側へ!との結論に至る(^^ゞ

積丹への道中、やはり週末、お盆時期ということで駐車可能な海岸線はキャンパー、海水浴客で賑わっている。サーフからのヒラメ狙いは厳しそうだ(>_<)

まずは美国漁港



まだ、明るい時間だったので、とりあえずハードルアーで攻めてみる。

相互リンクして頂いている、ひとしさんに触発されて?かファーストチョイスはP-BOYジグバーチカル!!!(ノーマル仕様だけど・・・)

1時間ほどやってみるが、全く反応なし(@_@;)ごみばかり引っかかってくるので、うんざりし一先ず退散



美国を後にし野塚海岸を目指してみるが、キャンプ場が併設されていることもあり予想通りテントがびっしり。

一時的に釣りから観光にシフトし、神威岬を目指すが・・・

強風の為とのことで通行止めのゲートが閉められている。

その後、余別、来岸、神威岬漁港を見てみるが風が強いので諦める((+_+))


神威岬漁港からの眺め



神威岬漁港からの眺め2

人気blogランキングへ


posted by to-to at 08:37| Comment(2) | TrackBack(0) | ソイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。